<< 1月13日(土)  木津小学校 かけっこ&陸上教室(木津川市) | main | 1月14日(日) 第26回奈良少年少女長距離競走大会 >>
1月13日(土) お知らせ(明日は鴻ノ池で長距離走大会が開催されます!)

<コーチ(丹羽敦)からのお知らせ>

 

明日(1月14日)は鴻ノ池陸上競技場で「第26回奈良少年少女長距離競走大会」が開催されます。

今回フィールドキッズからは、この大会に対しては過去最多となる54名が参加予定となっています。

昨年は、残念ながら大会当日に地面の凍結があり、主催者の判断により中止となりました。今回は2年ぶりの開催となります。

 

今回フィールドキッズは例年よりもたくさんの申込者があり、とても嬉しく思っています。

この大会では個人のマラソンと、駅伝(男女別、全5区間)が実施されます。マラソンか駅伝かのどちらかにしか出られないというのが少し残念ですが、フィールドキッズからはマラソン出場者(29名)と駅伝出場者(25名)が半数ほどに分かれていますので、応援する側としては、大会全体を通じて応援し甲斐のある大会になることは間違いありません。

 

そして、これはフィールドキッズの特徴とも言えることですが、フィールドキッズから出場する54名中、半数以上(今回は28名)が3年生以下の低学年の人達となっています。長距離走大会のマラソンでは3年生以下は4年生の部での出場となり、3年生以下の人達にとっては上位入賞はとても難しい条件となっています。駅伝に関しては、おそらく他のチームは高学年を中心にメンバー編成をして出てくるところが多いと思われます。それでも、フィールドキッズからは低学年の人達がたくさん申込みをしてくれました。

コーチが普段から言葉にしていることですが、まずは勝ち負けよりも、走ることを楽しんでほしいと思っています。そのことがフィールドキッズ内に浸透してきてくれていて、入賞は難しいと思われる低学年であっても、たくさんの人達が大会に参加してくれる要因になっているのではないかと思います。

 

今回フィールドキッズの女子は駅伝をA・B・Cの3チーム組んでいますが、Cチームは1年生と2年生のみで編成しています。他のチームでも低学年を含んだチーム編成をしているところもあるとは思いますが、1・2年生のみでチームを編成しているところはほとんど無いのではないかと思われます。当然、1年生と2年生で組んだチームで上位争いをするということは非常に困難ですが、順位などは気にせず、たとえ集団の後方であったとしても、全力で駆け抜けてくれれば、それで良いです。全力で走り、タスキをつないだという経験はきっと高学年になったときに活かされることと思います。

 

また、フィールドキッズからは今回11名の6年生が出場します。その内9名が駅伝を走ります。男子の駅伝のAチームは、5年生が1名走ってくれますが、残りの4名は6年生です。女子のAチームは5名全員が6年生という布陣で駅伝に挑みます。まもなく小学校卒業をむかえる6年生にとって、このメンバーで駅伝を走るのは最後の機会となるでしょう。これまでの色々な思いをタスキに込めて、全員でゴールを目指してほしいです。

 

 

 

駅伝を走る男女9名の6年生以外の2名の6年生は個人のマラソンを走ります。マラソンを走る2名の内の1名は、今年、800m以上の長距離系の種目でフィールドキッズの歴代記録を次々に更新してきてくれました。今回のマラソンではどのような走りを披露してくれるのでしょうか?

そして、マラソンを走るもう1名は、1年生のころからこの大会に出場してくれています。去年残念ながら大会が中止となってしまいましたが、本当であれば今年で6年連続での出場となっています。これも大変すばらしいことです。

 

11名の6年生。

最後の長距離走大会。

それぞれが目標を持って大会に臨んでくれることと思いますが、コーチの願いは全員が走り終えたときに、全員が笑顔であること。

ひと時も目を離すことができません。

 

長距離走大会は午前10時に競技開始の予定になっており、まず下の学年(4年生の部)からマラソンが始まります。6年生の部のマラソンが終了後に駅伝が始まり、お昼過ぎには全競技が終了予定になっています。大会に参加しない人も可能であれば是非応援に来ていただければと思います。

 

コーチは、たくさんの応援を背に、マラソンも駅伝も全力で走るみなさんの姿を見られることを、とても楽しみにしています!

 

カテゴリ:- | 23:09 | - | - | - |