<< 11月3日(祝土) 朱雀大路ストリート陸上 | main | 11月5日(月)王寺陸上教室 >>
11月4日(日) 飛鳥RUN×2リレーマラソン

 

担当コーチ:丹羽敦、丹羽亜、栗原、小原、法用

 

<コーチ(丹羽敦)からの報告>

本日(11月4日)は橿原運動公園で開催された飛鳥RUN×2(ランラン)リレーマラソンに参加してきました。

昨年初めて参加した大会でしたが、昨年同様、快晴の中での開催となりました。

 

 

昨年はフィールドキッズからの参加者は16名でしたが、今回は33名の参加者があり、昨年から倍増しました!

待機場所でも常に賑やかでしたね。

昨年は2チームに分かれての出場でしたが、今回は4チームに分かれて出場しました。

 

 

午前10時のスタートに備えて10分ほど前にはスタート付近にスタンバイしましたが、第1走者の緊張感がとてもよく伝わってきました。

第2走者以下の人達はスタートの瞬間を少し離れた場所から見守りました。

 

 

午前10時。

勢いよく一斉にスタートしていきました!

今年は全体で200チーム、合計1700名を超える参加者があったようです。

 

 

今回はフィールキッズから4チームが出場していましたので、タスキの中継所には次々とメンバーが入ってきます。

コーチ達も目が回りそうでしたが、大きな問題なく全チームともしっかりとタスキをつないでくれました!

 

 

1500mほどの距離を走ってからタスキを渡しますので、みんな息が上がった状態でのタスキリレーとなりますが、中には笑顔でタスキを渡すシーンも見ることができました。

走る楽しさ、仲間とともにゴールを目指す楽しさが、とてもよく伝わるような瞬間であったように思います。

 

 

スタートしてから90分ほどかけてゴールを迎えました。

各チームともしっかりとした足取りでゴールテープを切ってくれました。

 

 

公式な陸上大会では、ゴール付近は選手と競技役員以外はあまり近づくことができませんが、今日のようなイベント型の大会では、他のチームに迷惑がかからない範囲でゴールのすぐ近くまで立ち入ることができる場合もあります。

 

今回は全体的に昨年よりも多くの参加チームがありましたが、今回はゴール時に一緒に走ったメンバーとともにゲートをくぐるというチームがたくさんありました。

フィールドキッズはゴール後に各チームの集合写真を撮らせてもらい、最後には全体の集合写真も撮影させていただきました。

 

 

昨年はフィールドキッズから2チームが参加して、キッズの部でAチームが2位、Bチームが3位という成績でした。

今回は4チームで参加して、Aチームが4位、Bチームが5位、Cチームが9位、Dチームが11位という成績でした。

この大会では3位までが表彰の対象なので、今年は入賞には少し届きませんでした。

ただし、昨年はキッズの部は全体で6チームしか参加がありませんでしたが、今回は17チームもの参加数がありました。

 

今回のフィールドキッズのAチームの総合タイムは、昨年の優勝チームよりも20秒近く速いタイムだったので、昨年であれば優勝できるタイムだったのですが、今回は上位陣のレベルがとても高かったです。

先日の全国クロカン予選もフィールドキッズとしては良いタイムでゴールしたのですが、上位には食い込めませんでした。

 

今年のレベルの高さは今年だけのものなのか、そもそもの全体的なレベルが上がっているのかは分かりませんが、上位入賞はなかなか難しいものですね。

でも、今回フィールドキッズから参加した33名中、10名は昨年もこの大会で走っていますが、昨年よりもみんな着実にタイムが速くなっています。

他の人と比べる前に、自分自身が成長できているということが大切であると思います。

特に、長距離走は継続した練習が必要であり、粘り強さといった心の強さも必要になってきます。

長距離走を通じて心の成長も感じてほしいと思います。

 

 

大会が始まる前や終わった後は、みんなそれぞれ仲間とともに楽しい時間を過ごせていたように思います。

こういった気持ちの切り替えができることも大切なことです。

今日もたくさんの笑顔と出会えることができました。

 

昨日は平城宮跡で、オリンピック選手である右代選手の指導のもと陸上教室に参加し、今日はタスキをつないで走るリレーマラソンに参加しました。

二日とも参加してくれた人も多く、陸上三昧の休日となりました。

とても良い休日でした。

みなさんお疲れ様でした!

 

カテゴリ:- | 21:50 | - | - | - |