<< 8月2日(金)連絡◆別斉の木津小教室はあさってに振替えています) | main | 8月4日(土) 木津小学校 かけっこ&陸上教室(木津川市) >>
8月3日(土) 近畿小学生交流大会

担当コーチ:丹羽敦、丹羽亜、渡邉、小原、法用

 

<コーチ(丹羽敦)からの報告>
本日(8月3日)は大阪の枚方市で開催された近畿小学生交流大会へ参加してきました。
フィールドキッズからは56名が参加しました。

 

 

とにかく暑い。
その言葉に尽きますが、フィールドキッズのみんなは今日も元気に駆け抜けました!
今回の成績は、8位までに入った人が17名、その内5名が3位まで(3位が2名、2位が3名)に入りました。
しかし、残念ながらこの大会には賞状などがありません。
でも、大阪や京都などの強豪チームもたくさん参加してくる中で、競技ができた経験はとても貴重であったと思います。

今年からコンバインドA・Bという新種目ができ、今日の大会は全国大会出場者のみがコンバインドに出場できるとういうことで、フィールドキッズからはコンバインドの出場者はいませんでしたが、その代わり、いつもであればそれほど多くないハードルや走高跳に挑戦する人が多くありました。

これは、コンバインドA・Bが始まったことで、普段の練習でハードルなどに取り組む時間が多くあったことが影響しているのではないかと思います。
これまでに挑戦したことのない種目に挑戦する、良い機会になっているようです。

色々な種目に取り組み、自分の可能性を広げてほしいと思います。
みんなが種目を絞っていくのは、まだまだ先です。

 

小学生の時期に良い記録が出せなかったとしても、中学生や高校生になって記録を大きく伸ばす人はたくさんいます。
フィールドキッズでは、小学生の間に完成を目指すことはしません。
自分の限界を知ってしまうような、追い込んだ練習もしません。
同じ小学生がすごい記録を出すと、うらやましく思うこともあるかもしれませんが、先を見据えて、今自分にできることに対して楽しく取り組むようにしましょう。

 

継続すること。
挑戦する気持ちを持つこと。
これがとても大切であることを伝えていきたいと思います。

 

楽しみながら日々の練習に取り組み、今までできなかったことができるようになったり、少しずつでも記録を伸ばしていくことができたりと、このような小さな喜びをたくさん感じてほしいです。

そして、もしも記録が伸びない時期があったとしても、あきらめずに続ける心の強さを身につけてほしい。
その先に、いつか大きな喜びが待っていることを信じて。

 

 

大会終了後の集合では、炎天下の中、最後まで競技を終えて疲れもあったはずですが、これだけの笑顔があふれていました。
今日も大会を楽しめたようです。
未来は明るいですね。

 

さて、次は9月1日(日)に記録会に参加予定です。場所は鴻ノ池陸上競技場です。
また近々要項をアップします。

たくさんのご参加をお待ちしています!

カテゴリ:- | 23:59 | - | - | - |